* ベルリン 一人旅女子の歩き方 *

ベルリンを「自分基準でワガママに」満喫したい!という女性のためのベルリン個人ガイド&ホームステイサービス

私がガイドブックの撮影に使ったカメラ<Canon EOS M10>

 ガイドブック「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ 」に使用した写真は、ごく数枚を除き、ほとんど私が自分のカメラで撮りおろしたものです。

IMG_1061.jpg
Schlachtensee にて。この日は素晴らしい晴天の夏日でした。


 自慢にはなりませんが、私は素人カメラマン。写真を撮るのは好きですが、露出とか絞りとか、今だに何も理解していません(^^;)。

IMG_0085.jpg
人気カフェORAのフレンチトーストは日曜限定メニューでしたが、今もあるのかな?


 でも、そんな私でもそれなりに良い写真が撮れたのは、ひとえにカメラのおかげです。

IMG_8119.jpg
これはドレスデン。新市街側のクリスマスマーケット入口。


 ↑夜景やイルミネーションも、キレイに撮れるんですよ。上の写真全て、撮影したそのままで色の修正とか一切していません。


 ガイドブックの写真を見てくださった方からは「えー!松永さんが自分で撮ったの!?」と必ず驚かれます(笑)。で、「どこのカメラで撮ったんですか??」とよく聞かれるのでここで紹介しておきます☆


 これです!Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M10 (←クリックするとAmazonのリンクに飛びます)



 このカメラを選んだときの条件は3つ。

・素人の私でも簡単に、きれいで奥行きのある写真が撮れること。
・コンパクトで軽く、持ち歩くのが楽なもの
・予算は5万円くらいまで


 それをカメラマンの友人に伝えて、いくつかおすすめをピックアップしてもらい。見た目も含めて選んだのがこれでした。

 結果、大満足! それまでコンパクトデジタルカメラしか使ったことがなかったのですが、同じくらいの大きさなので気負わずに使え、なおかつ写真のクオリティは段違い。青空も、夜景も、室内もマルチにキレイに撮ってくれます。

 ほとんどオートフォーカスまかせで、細かい設定を何もしなくても自分が狙ったところにピントさえ合わせればあとはカメラが上手に撮影してくれます(笑)。



 コンパクトなので、旅行にもおすすめ。これからカメラを買おうかな?と思っている方の参考になれば幸いです♪


 あ、もちろん私がガイドをさせていただくときは、いつでも専属カメラマンします!スマホでもデジカメでも、一眼レフでも頑張ってお撮りしますのでおまかせください(^^)b


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


初の著書・ガイドブックが発売になりました!
ベルリンの楽しみ方をぎゅっとつめこんだ一冊です。

「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」 松永明子


↑クリックするとamazonのページが開きます。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

ガイドブック「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」 おかげさまで好評です♪


 昨年9月に出版した、私の初の著書であるガイドブック。

「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」 イカロス出版

 
(↑クリックするとAmazonのリンクに飛びます)

 発売から4か月が経ち、このブログから本の存在を知るのではなく、書店で本を手に取ったのがきっかけでこのブログや私のガイドサービスを知り、問合せてくださる方が増えてきました。本当に嬉しいです!!

「内容が非常に濃くて良いです」
「個人旅行者必見のガイドブック!これぞ私の求めていたもの!!」
「ベルリンの本当の魅力が詰まった本」

 などなど、Amazonレビューにも嬉しくて小躍りしてしまうような感想をいただいております。(書いてくださったみなさま、どうもありがとうございます!ものすごく励みになります!!)

 丸1年かけて頑張って作り上げた甲斐がありました。文章を書いたのと写真を(素人ながら必死で)撮ったのは私ですが、それが一冊の本になったのは、根気よくベルリンの良さを引き出してまとめ上げてくださった編集者さんと素晴らしいデザインに仕上げてくださったデザイナーさんのおかげです。

 これから購入を検討していらっしゃる方は、書店で手に取って見てもらえるといいのですが。もしお近くの書店にない場合は取り寄せてもらうか、Amazonなどのオンライン書店でご購入ください。Amazonページではサンプルページとして表紙を含む8カットが見られますので購入前の参考にどうぞ。

 また、デザインをしてくださった小酒井祥悟さんのHP(Siun)でも、手掛けたプロジェクトの紹介として20カットのイメージ画像が見られますのでぜひご覧ください。(⇒『BERLIN, THE CITY OF FREEDOM』) 

 ガイドブック用に撮りまくったけれど採用しなかった秘蔵写真は、インスタグラム(berlin.akiko.matsunaga)にちょこちょこアップしていますのでよかったらフォローしてくださいね♪



-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

あけましておめでとうございます

2011年から始めたこのブログと私のガイド&ホームステイサービスも、7年目になりました☆
昨年は夢だったガイドブックの出版も叶い、健康で幸せに過ごせたことに感謝です。

今年も3つのブログでベルリン情報を発信しながら、変わり続ける街の今をお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いいたします!

frohes neues Jahr 2018 - コピー
↑まだブログで未紹介ですが、とてもおすすめの郊外型巨大ブルワリー&レストラン『Stonebrewing』でのショット。

今さらながら、インスタも始めました。ガイドブック用に撮影した未公開ショットを中心にアップしていますので、よかったらフォローしてください♪ ⇒berlin.akiko.matsunaga


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


初の著書・ガイドブックが発売になりました!
ベルリンの楽しみ方をぎゅっとつめこんだ一冊です。

「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」 松永明子


↑クリックするとamazonのページが開きます。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

パーソナルガイド/シュトレン作りのワークショップに参加してきました♪

 今や日本でも大人気のドイツのクリスマス菓子、シュトレン。手間のかかるものですし手づくりするなんて考えたこともなかったのですが、お客様のリクエストで、本場のシュトレン作りワークショップに参加してきました!

IMG_8004.jpg
市販のものほど甘くなく、じんわりと味わい深いとても美味しいシュトレンができました!

 ワークショップが開催されたのは、ベルリンから電車を3本乗り継いで6時間(^^;)、ザクセン州の南部、チェコの国境近くの小さな町クランツァール Cranzahl。ここに工房を構える、ドイツで大人気のパンレシピ研究家&ブロガー、ルッツ・ガイスラーさんが講師です。(ルッツさんのHPはこちら⇒https://www.ploetzblog.de/

DSC_6673.jpg
参加者は14人。ドイツ人の、パン作りが好きな方が集まって和気あいあいとした雰囲気。

 なんでそんなに遠くまで行ったかというと、実はドイツでいわゆる「パン教室」って、全然見つからないのですよ。なぜなのかわからないのですが、本当に探しても探しても見つからない...。どっしりしたドイツパンは職人さんが工房で焼くもので、家庭で焼くパンとは一線を画すものだからなのでしょうか??

 とにかく、日程的にもちょうどよくこのルッツさんのシュトレンワークショップが見つかったので「ぜひ行きたい!」というお客様と一緒に、現地までの案内兼通訳としてお供してきたのです。

DSC_6676.jpg
成形したら、誰のものかわかるように名前を書いた旗を立てて♪

 生地は全員分をまとめて機械でこねるので、実際に自分たちがやる作業は分割した生地を成形して、焼き上がりに仕上げをするだけなのですが。先生の作業を見ながら、材料の説明やシュトレンにまつわるエトセトラもたっぷり聞けました。

DSC_6681.jpg
50分ほどじっくりとオーブンに入れ、焼きあがったばかりのシュトレン☆こうしてみるとやはりパンですね。

 シュトレンが日持ちする理由は、これ!↓焼きあがったシュトレンを、たっぷりの澄ましバターの中にくぐらせて、すぐにグラニュー糖を全体にまぶして、空気が触れないようにコーティングするのです。

DSC_6683.jpg
ここで一気にカロリーアップ~~!!これは家庭ではなかなかできない贅沢な方法(^^;)

 この状態でいったん完成!2~3週間はこれで持つそうですが、さらにもう一度バター&グラニュー糖をまぶしてから粉砂糖をしっかりまぶせば3~4か月は寝かせておけるそう。もちろん保存料などは一切無添加です☆

DSC_6687.jpg

 ベルリンでもこの時期あちこちで買えるシュトレンですが「こうして作られているんだ!」ということと、本来の素朴な美味しさがよくわかり、とても楽しく私も勉強になりました。
F世さん、同行させてくださってありがとうございます♡

 ↓こちらは先生がオマケで作ってくださったカルトッフェルクーヘンKartoffelkuchen。この地方では、シュトレンの生地の残りにマッシュしたジャガイモを混ぜて作るレシピがあるそうで、初めて見ました。

DSC_6677.jpg
どっしりとお腹にたまるケーキです!こちらも焼きあがりにたっぷりのバターとグラニュー糖がまぶされますよ~

 4時間ほどのワークショップでベルリンから日帰りは無理だったので、1泊2日でケムニッツやライプツィヒのクリスマスマーケットも含めたパーソナルガイドでした。

 往路からいきなり乗るはずのICEがキャンセルになって焦りましたが(^^;) 、それも含めて良い思い出満載の2日間になり、お客様にも喜んでもらえて本当に良かったです!

 
 パーソナルガイドはこんな感じで、普通の観光とは全く違うリクエストにも可能な限りお応えします!ベルリン内外で「あんなことがしてみたい」「ドイツでこれを探している」など、お気軽にこのブログのコメント欄からご相談くださいね。

-----------------------------------------------------
<コメント欄からのお問い合わせ方法>

1、各記事の下にコメント欄があります。
(表示されない場合は、記事のタイトルをクリックして1ページに1記事だけを表示してください。)

2、コメント欄の「名前」「タイトル」部分を記入してください。
(スマホだと「メールアドレス」の欄がありますが、メールアドレスは本文内に明記してください。「URL(Website)」は空欄でOKです。)

3、本文内にお問い合わせ内容と、ご氏名・年齢・住所・職業・メールアドレスを記入してください。

4、「非公開コメント(SECRET)」を選択。
(スマホの場合は「管理人への秘密コメント」を選択、PCの場合は「SECRET」にチェック。「パスワード」欄は空欄でOKです。)

5、「送信(SEND)」を押して完了です。
(スマホの場合は投稿確認画面になるので、「認証用キーワード」を入れて投稿してください。)
-----------------------------------------------------


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


初の著書・ガイドブックが発売になりました!
ベルリンの楽しみ方をぎゅっとつめこんだ一冊です。

「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」 松永明子


↑クリックするとamazonのページが開きます。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

「まっぷるドイツ」のベルリンページをお手伝いさせていただきました

 お知らせです。2017年10月に発売された「まっぷる ドイツ ロマンティック街道」の最新版にて、ベルリンのレストランやショップのページのコーディネートを一部担当させていただきました。

DSC_6637.jpg

 ベルリンのミッテ地区とクロイツケルンエリア(クロイツベルクとノイケルン地区の境のあたりを指す造語)を中心に、人気のセレクトショップや雑貨店、カフェやレストランをピックアップして取材に同行しています。

 まだ私の各ブログや自身のガイドブックでは紹介していない選りすぐりのスポットが掲載されていますので、ぜひ手に取ってみてください。中でもモダンドイツ料理のレストランは盛り付けがすごくきれいで美味しいですよ~!

 この本全体からするとベルリン関連紹介ページは1割強で、あとはロマンティック街道を中心とした人気の街道と、ミュンヘン、フランクフルト、ドレスデンが紹介されているのでドイツ周遊旅行を考えている人や、ざっくりとドイツ全体について知りたい人に特におすすめのガイドブックです。



 巻頭の切り離して使える街歩きマップにはベルリンをはじめとした市内の地図と電車の路線図があり、これが大きくてとても見やすい!さすが地図に特化した出版社ですね。このマップを手に入れるためだけに買っても損はないかも?

 さらに「まっぷるリンク」のアプリを使えばガイドブックをスマホで閲覧できて、オフラインでも使える地図がダウンロードできるのでこれもうまく使いこなせば旅行中とても役立ちそうです。


 でも見どころ満載の大都市ベルリンだけを訪れるなら、ベルリンに特化したガイドブックは必携ですよ~。(えぇ私の著書ですが...。)
 

 あと、クリスマスマーケットを巡るならこちらの本を読んでから!本場ドイツのクリスマスについて&各地のクリスマスマーケットについてが一冊でよくわかります。(こちらはベルリン在住ライター、久保田由希さん渾身の一冊!)



 さて、2017年もあと1ヵ月ですね。2018年のベルリン個人ガイドやホームステイの予約は随時受付中ですので、コメント欄からお気軽にお問合せくださいね!

 -----------------------------------------------------
<コメント欄からのお問い合わせ方法>

1、各記事の下にコメント欄があります。
(表示されない場合は、記事のタイトルをクリックして1ページに1記事だけを表示してください。)

2、コメント欄の「名前」「タイトル」部分を記入してください。
(スマホだと「メールアドレス」の欄がありますが、メールアドレスは本文内に明記してください。「URL(Website)」は空欄でOKです。)

3、本文内にお問い合わせ内容と、ご氏名・年齢・住所・職業・メールアドレスを記入してください。

4、「非公開コメント(SECRET)」を選択。
(スマホの場合は「管理人への秘密コメント」を選択、PCの場合は「SECRET」にチェック。「パスワード」欄は空欄でOKです。)

5、「送信(SEND)」を押して完了です。
(スマホの場合は投稿確認画面になるので、「認証用キーワード」を入れて投稿してください。)
-----------------------------------------------------


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村