FC2ブログ

* ベルリン 一人旅女子の歩き方 *

ベルリンを「自分基準でワガママに」満喫したい!という女性のためのベルリン個人ガイド&ホームステイサービス

2019年1~2月のベルリンホームステイ、冬の特別価格で予約受付けます!

 秋の一時帰国から、ベルリンへ無事に戻っています! 街はすっかり、クリスマスモード100%ですよ☆

 主なクリスマスマーケットは明日の月曜日からスタートしますし、手づくりの素敵なアドヴェンツクランツ(テーブルに置くための、ロウソクを立てたリース)があちこちで売られています。

DSC_8863~2

 これからクリスマス当日に向かって、1年で最もドイツがキラッキラに輝く 1か月。もう何年もベルリンに住んでいますが、やっぱり自分も毎年この時期になるとワクワクします!

 そんなわけで 12月は、日本から本場のクリスマスマーケットを体験しにドイツを訪れる人がぐっと増える時期でもあります。私もおかげさまで、毎年師走にはそこそこ忙しくさせていただいております。 


 ...が!1月に入ると、イベントも減ってしまい、ぐっと観光客が減るベルリン。


 でも実は ミュージアムやギャラリー、コンサートを楽しむには、街に観光客が減るのでゆっくりと観賞できる、この時期がおすすめなんです!


 世界的に見てもトップクラスの博物館や美術館、コンサートホールがいくつも集まるベルリン。 気になる展示をハシゴしているだけでも1週間くらいあっという間です!外は寒くて暗い時期ですが(^^;)、こういった文化施設を巡るには1、2月が穴場!

 毎年2月にはベルリン映画祭(2019年は2月7~17日)が開催され、世界中から映画ファン(と、各国の映画スター)がベルリンに集合します。日本からも、毎年ノミネート作品と共に監督や俳優がベルリンで舞台挨拶をしていますね。 それに合わせて日本から来る方は多いですよ。


 そんな、ひそかにおすすめの1~2月のベルリンステイ。まだまだご予約いただけますので、冬の限定特別価格で予約をスタートします!
 
 ⇒ 通常 50ユーロ/泊 のベルリンホームステイを、2019年1月2日~2月28日の間の宿泊に限り、30ユーロ/泊でご予約承ります!


*1泊~最長4泊までです。その他ステイについての詳細や条件、ご予約方法の詳細については、こちらの記事をご確認ください→『ホームステイ(宿泊)について 価格・条件 など』
*すでに対象期間内にご予約いただいているお客様についても、同料金を適用させていただきます。
*2018年11月25日現在の予約可能な空き状況: 2019年1月2日~2月4日、2月9~28日の期間(最新の空き状況は、このページをスマホビューではなくPCビューでご覧いただいた際に右上に表示される「お知らせ」欄に随時アップしています。)


 ホテルでの滞在では味わえない、ベルリンのアルトバウ(100年以上前に建てられた、味わいのある古い建築)での宿泊と、英語&ドイツ語が苦手な方に安心の、私の日本語でのベルリン街歩きアドバイス&サポートがもれなくついてきます☆

 お部屋は1室だけなので、予約が入り次第空き日程は埋まってしまいます。気になる方は、お早めにお問合せくださいね!


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


初の著書・ガイドブックが発売になりました!
ベルリンの楽しみ方をぎゅっとつめこんだ一冊です。

「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」 松永明子


↑クリックするとamazonのページが開きます。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

10月26日~11月20日まで一時帰国中です

 今年のベルリンは(ドイツ各地もですが)春から異例の暖かさとお天気の良さで、観測史上最も日照時間が長く、気温の高い春~秋になりました!

 在住者の感覚でも「こんなに30℃超えの真夏日が続くのは初めて!」「10月なのにこんなに暖かい日が続くなんて初めて!」と、びっくりし通しでしたが。10月も後半になり、ここにきて一気に寒々しい晩秋になりましたよ。

 まだかろうじて最低気温も氷点下にはなっていませんが、日中の体感気温は10℃を下回っています。すでに冬物のコートが必要になっていますのでこれからベルリンへ来る方は暖かい服装でいらしてくださいね!

IMG_9244.jpg
10月中旬に撮った写真。本当に気持ちのよい秋晴れを何日も満喫できました☆

 
 さて。恒例の秋の一時帰国が近づいてきたのでお知らせです。2018年10月26日~11月20日の期間は、日本に滞在中のためガイド、ホームステイ共にお休みさせていただきます。

 メールでのお問い合わせには基本的に48時間以内に返信しておりますが、上記期間中は諸事情により返信が遅れる可能性がございますので、どうぞご了承くださいませ。


 11月以降のホームステイは、まだ空きがございますので予約受付中です。(10月23日時点での空き状況: 11月22日~12月2日、12月19日~12月23日の期間と、2019年1月2日以降が空いています。)ベルリン個人ガイドも随時ご予約受付中です!

 ご予約や各種お問合せは、コメント欄からお願いいたします。詳しくは、こちらの記事をご参照ください→『お問合せは、コメント欄からどうぞ』


 私がベルリンへ戻ってくる11月後半には、ドイツ各地でクリスマスマーケット(ドイツ語:ヴァイナハツマルクト Weihnachtsmarkt)も始まります(主なマーケットは11月26日からスタート)!

 ベルリンにある、まだあまり観光客に知られていない穴場のクリスマスマーケット巡りや、ドイツ最古のクリスマスマーケットがあるドレスデンまで日帰りでご案内するガイドも承りますので、「せっかくだから自分だけでは行けないところへ連れて行って欲しい!」という方はぜひご相談くださいね♪

 ちなみに4年前は、ベルリンから片道5時間かけて1泊2日でザイフェンまで行きましたよ~!→『パーソナルガイド クリスマスとおもちゃの村、ザイフェン Seiffen』 2日目にドレスデンに寄って、盛りだくさんなガイドでした^^


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


初の著書・ガイドブックが発売になりました!
ベルリンの楽しみ方をぎゅっとつめこんだ一冊です。

「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」 松永明子


↑クリックするとamazonのページが開きます。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

2018年10月3日、オストバーンホフの巨大蚤の市は別の場所で開催なので注意!

 毎年恒例、5月1日と10月3日の祝日に開催されている巨大蚤の市。私のガイドブックでもおすすめイベントとして紹介しています。(詳しくはこちらの過去記事を→『年に2回だけ開催!次回のオストバーンホフ巨大蚤の市は5月1日です』

ost.jpg

 これまでずっとオストバーンホフ(Ostbahnhof ・ベルリン東駅)の裏で開催だったのですが。
2018年10月3日は開催場所が変更されています!!ので注意。

 今回の開催は、市内から少し東へ離れたカールスホルスト駅(Karlshorst)の南側に位置するスタジアムにて。(通常は競馬の一種を開催している、 Trabrennbahn Berlin Karlshort という場所。)ベルリン東駅からカールスホルスト駅まではS3乗車11分、ベルリン中央駅からでも約25分です。

ost3.png
↑地図は主催者HP(https://oldthing.de/flohmaerkte-und-sammlerboersen-termine)からお借りしました。北が左側になってるので、時計回りに90度回転させて見た方がわかりやすいです(^^;)

 上の地図上で、緑や紫、グレーに塗られているエリアが全て蚤の市になるようなので、駅の南側に出ればすぐにわかりそうです。

 開催時間は9~17時を予定しているようですが、人出によっては18時くらいまでとも。公式サイト(https://oldthing.de/flohmaerkte-und-sammlerboersen-termine)によると、ドイツ国内外からこの日のために集まる出店者の数は700~800、来場者は10万人を見込んでいるとのこと!

 いつも駅構内で同時開催されていた、切手やコイン、アルバムなどの紙モノ蚤の市もこちらで同時開催。(上の地図の黄色の部分。)

 また、今回は巨大蚤の市25周年の記念の年でもあり、いつものようなインビス(軽食スタンド)以外にもオクトーバーフェストビールのスタンドや、ベルリンのバンドによるライブミュージックも予定されているようですよ。

ost2.jpg

 現時点では、次回の巨大蚤の市(2019年5月1日)は、これまで通りオストバーンホフで開催することが決まっているそうですが、2019年10月3日はどちらになるかまだ未定とのこと。

 いずれにしても、掘り出し物満載、大賑わいのイベントになること間違いなし!なので、行かれる方は現金(小銭多め)とエコバッグをしっかり用意して、スリに気をつけつつ楽しんできてくださいね☆


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


初の著書・ガイドブックが発売になりました!
ベルリンの楽しみ方をぎゅっとつめこんだ一冊です。

「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」 松永明子


↑クリックするとamazonのページが開きます。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

ベルリンで、ビールを飲むなら!初心者のためのドイツビール入門③

 というわけで、前回の続き! ヘレス、ヴァイス、ピルスナー それぞれの種類のドイツビールから、ベルリンのスーパーなどで手に入りやすく、私が美味しいと思う銘柄をひとつずつご紹介します。

DSC_5187.jpg
見渡す限りのビール!こんな棚が2列も3列も並ぶドイツのスーパー。「どれを買ったらいいのかわからない~!」...ドイツに来たら誰もが必ず!!そうなりますから、私の個人的な好みですがご参考に♪


Bayreuther / HELL 
バイロイター / ヘル


スルスル飲めて、シンプルに美味しい!バランスがよくて飽きない味。最初の一杯に最適で、和食とかあっさりした料理にもよく合います。
hell.jpg
ヘレスはどの銘柄でもそこまで大きな味の差はないですが。これはラベルの色あいやロゴもかわいくて好き


PAULANER / Hefe-Weißbier Naturtrüb
パウラーナー / ヘーフェヴァイスビア・ナトゥーアトリュープ


世界中に輸出されている、ドイツ・白ビール界の王者!飲み比べをしたときも、「やっぱりこれが美味しいね!」と全員意見が一致。まず1本、ヴァイスを買って飲んでみるならこれでしょう。
weiss.jpg
日本では330mlの小瓶で売られてますが、ドイツでは500mlが普通。
専用グラスに最後の一滴まで注ぎきってから飲みます



Warsteiner / Premium Pilsener
ヴァルシュタイナー / プレミウム・ピルゼナー(プレミアム・ピルスナー)

ルフトハンザ・ドイツ航空の機内ドリンクとして採用されているビールはこれ!ホップの苦みが前に出すぎず、キレがあるけど上品な味わいで、ふだん白ビール派の私ですがピルスナーを飲むならこの銘柄。
pils.jpg
瓶が主流ですが、缶もよく売られています

 ちなみにどれも500ml入りで、ベルリンのスーパーなら1ユーロ前後で購入できます。でも冷えていないので、買ってすぐに飲みたい場合は冷やして売っているキオスクや駅の中のショップで。その場合は2ユーロ前後。レストランや居酒屋で飲む場合は4ユーロくらいが相場です。

 パウラーナーやヴァルシュタイナーは日本でもあちこちで売っているので、見たことがあるかもしれませんね。

 


 ここで紹介した銘柄は、本当にたくさんあるドイツビールの中のひとつです。まずは色々な種類を飲んでみて、そこから自分の好みにあった種類のビールを醸造所やメーカー別に飲み比べてみて、好きな銘柄を探していくと楽しいですよ♪


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


初の著書・ガイドブックが発売になりました!
ベルリンの楽しみ方をぎゅっとつめこんだ一冊です。

「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」 松永明子


↑クリックするとamazonのページが開きます。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村

ベルリンで、ビールを飲むなら!初心者のためのドイツビール入門②

  前回の続き、『ドイツビールにはどんな種類があって、まずどれを飲んでみるのがいいか?』が今回のテーマです!

 ドイツにはビール醸造所が1,300軒以上、ビールの種類は5,000以上(!!)と言われておりますので、ここで詳しくドイツビールについて語ることはできませんが(^^;)、私の個人的な経験から、まずはこの3種類のタイプから飲んでみるのがおすすめ。

ヘレス、ヴァイス、ピルスナー です!ビールの種類は、ラベルにも必ず明記されていますよ(矢印の部分)。

DSC_8308.jpg
↑ベルリンの普通のスーパーで手に入りやすい銘柄をピックアップしてきました。ピルスナーは、メジャーなものは瓶だけでなく缶でも売られているので、軽くて持ち帰りやすい。


 さて、ではこの3種類のビールそれぞれの特徴は。


・Helles ヘレス(もしくは Hell ヘル) ・・・ピルスナーよりあっさり、すっきり!

ピルスナーよりもホップの苦みが抑えられていて、麦芽のうまみと甘味が感じられる明るい黄金色のクリアなビール。水のようにスルスルと飲める喉越しの軽いビールで、ミュンヘンなど南ドイツでは最もよく飲まれているタイプ。オクトーバーフェストで提供されているのは、ピルスナーではなくてヘレス。

DSC_8320.jpg
↑家で3種を飲み比べ(笑)。色も味わいもすっきり軽めのものが多い。暑い日に最初の一杯としてゴクゴクに飲むのにちょうどいい!


・Weiss ヴァイス(もしくは Weizen ヴァイツェン) ・・・日本のビールが苦手な女性にウケるのはコレ!

小麦の麦芽と酵母を使用した、白ビール(ヴァイスビア)や小麦ビール(ヴァイツェンビア)と呼ばれる、主に南ドイツで好まれているビール。特に酵母(Hefe ヘーフェ)が無濾過で濁ったタイプの「Hefe-Weiss ヘーフェヴァイス/Hefe-Weizen ヘーフェヴァイツェン」はフルーティーな香りで苦みがなく、日本のビールのイメージとはかなり違うもの。
酵母を濾過した「Kristall クリスタル」タイプは、よりすっきりとした味わいだけど、せっかくヴァイスを飲むなら無濾過(Naturtrüb ナトゥーアトリュープ)がおすすめ!

DSC_8322.jpg
↑どれも、色合いは違うけど濁っていますよね?これが、香りとうまみを生む酵母が混ざっている証拠♪瓶の中で沈殿するので、本当はグラスに最後の一滴まで全て注ぎ切ってから飲むのがルールですが、このときは数人で分けたので(^^;)


・Pilsner ピルスナー(もしくは Pils ピルス) ・・・いわゆる日本のメジャーなビールと同じタイプ

ホップの苦みが効いていてスッキリとした喉越し。しっかり冷やして飲むのが美味しく、日本の蒸し暑い夏にもよく合いますね。ベルリンを含め、北ドイツで主に醸造されている&飲まれているのはピルスナーなので、ベルリンのレストランや居酒屋で出している主力のビールは、たいていこのタイプ。置いている銘柄はお店によって色々。

DSC_8321.jpg
↑いわゆる、ビール!の味わいですが、銘柄によって苦みやコク、味にすごく差があるので、ベルリーナーは自分の好きな銘柄にこだわりますよ~。


 ドイツビールの種類は他にも、ダーク(ドゥンケル)や黒(シュヴァルツ)、その他諸々あってそれぞれに美味しいのですけどね。それは書き始めるとキリがないので、入門編では扱いません。とにかく私がドイツビール初心者にベルリンでまず試して欲しいのは、上記3つ!特に、ヴァイスビアは初めて飲むと目からウロコが落ちる人続出なので、絶対に一度は飲んで欲しいタイプです。

 で、なぜ文中で「ベルリンで」を強調しているかといいますと、ドイツは地域ごとに主流のビールが違うためです。上記の3種類のビールは、ベルリンのスーパー等には必ず複数の銘柄が揃っていて選べるのですが、レストランや居酒屋だとピルスナーはあるけどヘレスはない、という場合も多いので。ヴァイスビアは絶対どの店でも1銘柄は置いていますが、ベルリンでは樽生ではなく瓶のことが多いです。(レストランなどでビールを注文するときの参考に、こちらの記事もどうぞ⇒『ベルリンのレストランやカフェでビールを頼むならどれ?』


 次回は、完全に私の個人的な独断で、それぞれのタイプからおすすめの銘柄をご紹介しますね!!本当にそれが美味しいかどうかは、実際にベルリンで飲んでみて判断してください(笑)!



-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


初の著書・ガイドブックが発売になりました!
ベルリンの楽しみ方をぎゅっとつめこんだ一冊です。

「ヨーロッパ最大の自由都市 ベルリンへ」 松永明子


↑クリックするとamazonのページが開きます。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村