*お知らせ*

☆★ホームステイの空き状況:6月23日~8月6日、8月19日以降が空いています。 ☆★ステイをご検討中の方は、日程が確定していなくてもまずはお早めにお問い合わせいただくことをオススメします。 ☆★空港からホテルへの、バス・電車を使った送迎兼ガイドだけでもお受けできますので、お気軽にご相談ください。 ☆★お問い合わせは、コメント欄からお願い致します。その際、必ず本文内に【メールアドレス・ご氏名・年齢・住所・職業】をご明記のうえ「非公開コメント」にチェックを入れて送信してください。

プロフィール

ベルリンガイド 松永 明子

Author:ベルリンガイド 松永 明子
ドイツ語や英語が話せなくても、一人旅が初めてでも、思いっきりベルリンの蚤の市やカフェ巡り、散策を楽しめるように「ベルリンを自分基準で満喫したい女性」のための個人ガイド&短期ホームステイサービスをしています。
カフェやショップ、オススメエリアなど、ガイドブックには載らない旬のベルリン情報を更新中!別ブログはこちら⇒「おさんぽベルリン」  こちらも私が書いてます⇒「地球の歩き方・ベルリン特派員ブログ」

ブログランキングに参加しています。
↓クリックで応援頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

counter

春、蚤の市シーズンスタートです!

2014.03.05 04:33|6月17日通り
もう3月ですね!年明けからは、びっくりするほど暖冬だったドイツ。去年は4月に入っても雪が降っていたのですが、今年はどうやらもうこのまま春になりそうな感じです。

日中の気温が10℃を超える青空の日も多く、朝市や蚤の市はすでにたくさんの人で賑わっています!本格的に蚤の市シーズンが再開ですね♪ (写真は、先週土曜日の6月17日通りのものです。)
P1180645.jpg

ベルリンの蚤の市は、基本的に1年を通じて毎週開催していますが、やっぱり寒い時期は出店者もお客さんも減って、静かになります。本格的に出店が増えて賑わうのは、やっぱり4月~10月。
P1180646.jpg

5月1日(祝日)には、毎年恒例のオストバーンホフの巨大蚤の市も開催。(詳しくは過去記事をご覧ください⇒☆
P1180647.jpg

年々観光客が目に見えて増えて、混雑度&値上げ度が気になるベルリンの蚤の市ですが、それでもロンドンやパリに比べればまだまだ見やすくてお値打ちだと思います。掘り出し物を見つけに、ぜひベストシーズンのベルリンにいらしてみてください。
P1180650.jpg


4月5日~5月8日の期間は私がベルリン不在のため、ガイド・ホームステイ共にお受けできませんが、それ以外の日程でしたら個人ガイドを承れますのでどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。ホームステイは7月以降に空きがございます。

お問い合わせ及びご連絡は、コメント欄からお願いいたします。(コメント欄からのお問い合わせ方法は、こちらをご参照ください。)

*重要*いただいたお問い合わせには、基本的に48時間以内に返信しております。もしもこちらから返信がない場合には、何らかのメール送受信上の問題がある可能性がありますので、まずは迷惑メールフォルダに入っていないかをお確かめの上お手数ですが再度お問い合わせください。 その際、念のためメールアドレスを2つ以上記入していただくとより安心です。 yahooメールやhotmailの方は特にご注意ください。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

テーマ:ドイツ旅行
ジャンル:旅行

Straße des 17. Juni (6月17日通り) 2013年6月 フォトギャラリー

2013.06.30 18:36|6月17日通り
最近、「やっぱりココはちょっと高いけど、見やすくていいな~」と改めて感じるのが、6月17日通りの蚤の市。
P1160794.jpg

基本的に、商品がテーブルにきれいに並んだ状態で出品されているので、見やすく、選びやすいのがいい。
P1160798.jpg

その分、価格が高めだということは否めないですが、自分が本当に欲しいと思うモノを限られた滞在時間に探すならば、きちんと並べてあるということは大きなメリットです。
P1160799.jpg

ガラクタではなくて、「骨董品」やそれに近いものが多く、その点ではベルリンのその他の蚤の市と一線を画しています。

ビンテージのアクセサリーや、真鍮の雑貨、銀製品、マイセンの食器なんかを売っているブースが目に付きます。
P1160796.jpg

毎週土日に開催しています。Sバーンのティーアガルテン駅から徒歩すぐでアクセスもよいので、週末の蚤の市巡りではここも覗いてみると、他の蚤の市との商品・価格帯の比較ができていいですよ!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

テーマ:骨董
ジャンル:ライフ

Straße des 17. Juni (6月17日通り) 2011年10月 フォトギャラリー

2011.10.30 23:35|6月17日通り
ベルリンで一番古い&有名な蚤の市がここ。6月17日通りの蚤の市。(毎週土日10-17時開催。 地図はこちら→☆ )

ガイドブックに必ず載っている場所なので、お客さんは地元の人よりも観光客がほとんど。そのため、相場が高め&混んでいるということで地元っ子はあまり寄り付きませんが、ガラクタからちゃんとしたアンティークまで幅広い品揃えなので一度は訪れてみて欲しい蚤の市です。

teddy.jpg

それに、ここはなんといっても日曜日だけではなく土曜日も開催しているのがポイント!他の蚤の市はだいたい土曜日はやっていません。なので、ここは土曜日にじっくり見て日曜日は別の蚤の市に行くのが私のオススメです。

P1110860.jpg P1110861.jpg

約160~170あるブースは、定期的に出店しているプロっぽい店がほとんどです。食器だけ、とか貴金属だけ、とか専門の商品に特化した店も多く、見やすい。
P1110862.jpg P1110864.jpg
こんな毛皮も買えます↑ 誰でも、何かしらお気に入りが見つかるのが蚤の市の面白いところ。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

続きを読む >>

テーマ:骨董
ジャンル:ライフ