category: 6月17日通り  1/1

春、蚤の市シーズンスタートです!

もう3月ですね!年明けからは、びっくりするほど暖冬だったドイツ。去年は4月に入っても雪が降っていたのですが、今年はどうやらもうこのまま春になりそうな感じです。日中の気温が10℃を超える青空の日も多く、朝市や蚤の市はすでにたくさんの人で賑わっています!本格的に蚤の市シーズンが再開ですね♪ (写真は、先週土曜日の6月17日通りのものです。)ベルリンの蚤の市は、基本的に1年を通じて毎週開催していますが、やっぱり寒...

  •  2
  •  0

Straße des 17. Juni (6月17日通り) 2013年6月 フォトギャラリー

最近、「やっぱりココはちょっと高いけど、見やすくていいな~」と改めて感じるのが、6月17日通りの蚤の市。基本的に、商品がテーブルにきれいに並んだ状態で出品されているので、見やすく、選びやすいのがいい。その分、価格が高めだということは否めないですが、自分が本当に欲しいと思うモノを限られた滞在時間に探すならば、きちんと並べてあるということは大きなメリットです。ガラクタではなくて、「骨董品」やそれに近いも...

  •  0
  •  0

Straße des 17. Juni (6月17日通り) 2011年10月 フォトギャラリー

ベルリンで一番古い&有名な蚤の市がここ。6月17日通りの蚤の市。(毎週土日10-17時開催。 地図はこちら→☆ )ガイドブックに必ず載っている場所なので、お客さんは地元の人よりも観光客がほとんど。そのため、相場が高め&混んでいるということで地元っ子はあまり寄り付きませんが、ガラクタからちゃんとしたアンティークまで幅広い品揃えなので一度は訪れてみて欲しい蚤の市です。それに、ここはなんといっても日曜日だけではな...

  •  2
  •  0