archive: 2011年10月  1/2

Straße des 17. Juni (6月17日通り) 2011年10月 フォトギャラリー

ベルリンで一番古い&有名な蚤の市がここ。6月17日通りの蚤の市。(毎週土日10-17時開催。 地図はこちら→☆ )ガイドブックに必ず載っている場所なので、お客さんは地元の人よりも観光客がほとんど。そのため、相場が高め&混んでいるということで地元っ子はあまり寄り付きませんが、ガラクタからちゃんとしたアンティークまで幅広い品揃えなので一度は訪れてみて欲しい蚤の市です。それに、ここはなんといっても日曜日だけではな...

  •  2
  •  0

Arkonaplatz (アルコーナープラッツ) 2011年8月 フォトギャラリー

雰囲気がいい蚤の市といえば、ここアルコーナープラッツが私のオススメです。(毎週日曜日10-16時開催 地図はこちら→☆)Mauerpark(マウアーパーク)の蚤の市からも徒歩10分足らずと近いので、ベルリンで1日だけ蚤の市を巡るならまずはこの Arkonaplatzを一回りしてから、Mauerpark に行くコースを推薦します。 ここは規模が小さすぎず、大きすぎず、混み合いすぎず、観光客が少なめなのがいいところ。全部で100くらいあるブ...

  •  0
  •  0

Mauerpark (マウアーパーク) 2011年7月 フォトギャラリー 

数多いベルリンの蚤の市の中でも、最も規模が大きくて毎週すごい数の人であふれているのがMauerpark マウアーパーク の蚤の市です。(毎週日曜日 10-17時位 地図はこちら)生き物以外は何でも売っているのじゃないか?と思うほど、ありとあらゆるモノが売られています。じっくり見て回ると一日では足りない!   家具もたくさん。安いです。イスなら5ユーロ~30ユーロくらいが主流。 ↑どれでも1ユーロ。  -------------------...

  •  0
  •  0

家の中の様子・部屋の写真

お泊りいただくゲストルームは、ちょっと狭いですがロフトになっていて隠れ家のような雰囲気です。ドアを開けると↓こんな感じ。奥にロフトへ上がるハシゴがあります。ロフトに上がるとベッドが。 キッチンは、自由に使ってください。中庭からの自然光が入る、明るいキッチンです。キッチンの窓側からテーブルを見るとこんな感じ。リビングの様子。古い建物なので天井が高く、とても開放感があります。バスルーム。バスタブもあり...

  •  0
  •  0

ホームステイ(宿泊)について 価格・条件 など

No image

「ホームステイ」と謳ってはいますが、我が家は夫婦二人暮らしですので 単に私たち夫婦とキッチンやバスルームをシェアするという感覚で、まさに 「ベルリンの友達の家に泊まりに行く」気持ちで来ていただければ、と思います。お部屋の様子・家の中の写真はこちらから→☆ホストファミリー(私と夫)についてはこちらから→☆《宿泊価格》50ユーロ/泊 (最長4泊まで。 ベルリン市内交通地図+オリエンテーリング*つき) *オリエンテー...

  •  2
  •  0