*お知らせ*

☆★3月23日~4月17日の期間は、日本へ一時帰国中のためガイドをお受けできません。 ☆★ホームステイの空き状況:4月20~28日、6月16日~8月6日、8月19日以降が空いています。 ☆★ステイをご検討中の方は、日程が確定していなくてもまずはお早めにお問い合わせいただくことをオススメします。 ☆★空港からホテルへの、バス・電車を使った送迎兼ガイドだけでもお受けできますので、お気軽にご相談ください。 ☆★お問い合わせは、コメント欄からお願い致します。その際、必ず本文内に【メールアドレス・ご氏名・年齢・住所・職業】をご明記のうえ「非公開コメント」にチェックを入れて送信してください。

プロフィール

ベルリンガイド 松永 明子

Author:ベルリンガイド 松永 明子
ドイツ語や英語が話せなくても、一人旅が初めてでも、思いっきりベルリンの蚤の市やカフェ巡り、散策を楽しめるように「ベルリンを自分基準で満喫したい女性」のための個人ガイド&短期ホームステイサービスをしています。
カフェやショップ、オススメエリアなど、ガイドブックには載らない旬のベルリン情報を更新中!別ブログはこちら⇒「おさんぽベルリン」  こちらも私が書いてます⇒「地球の歩き方・ベルリン特派員ブログ」

ブログランキングに参加しています。
↓クリックで応援頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

counter

アジ紙好きにはたまらない!1年に3回だけ開催の蚤の市 @Ostbahnhof

2011.11.24 02:20|オストバーンホーフ
毎週日曜日にベルリンのOstbahnhof(オストバーンホーフ/東駅)で開催されている蚤の市とは別に、

古切手・絵葉書・コインのコレクターが集まる年に3回だけの特別な市があります。

P1120149.jpg  P1120151.jpg
(↑私が買ったのは、DDR/旧東ドイツの切手。アンデルセンの童話シリーズの絵がかわいい! ↑右は旧西ベルリンの封筒) 

今年最後の開催が11月20日の日曜日にあったので行ってきました。まずはそのレポートから。

会場は、オストバーンホーフ駅の中!お天気に左右されずにゆっくり見られるのがいいです。広ーい駅の構内にずら~っと机が並んでます。
P1120065.jpg

↓古いコインがきれいに整頓されて陳列されています。
P1120079.jpg P1120075.jpg 
駅の中なので、カフェやトイレがあるのもとても便利↑。ちなみにここは郵便局とスーパーも日曜営業してます!

P1120082.jpg  P1120066.jpg  
ポストカードは、人物・風景・建物・乗り物...ジャンルごとにそれぞれマニアがいるようです。

P1120064.jpg  P1120067.jpg 
混んではいませんが、賑わっています。ちょこちょっこっと、おもちゃなどをついでに売るブースも。

P1120081.jpg  P1120077.jpg 
↑DDR時代の、キッチュな髪留め。 こちらはどれでも30セントコーナー↑ 古い手紙・使用済みポストカードです。

P1120070.jpg  P1120069.jpg
全く同じ切手でも、売っている人によってもちろん値段が違います。慎重に...

P1120071.jpg  P1120072.jpg
出店者によって、見せ方も様々。箱にどさっと入れられた古い絵葉書から、コレ!というのを探すのはかなり気合が必要です(笑)まさに宝探し! (でもこの箱から、自分のおばあちゃんの手紙とか出てきたらかなり驚きますよね・笑)
P1120073.jpg  P1120078.jpg

さて、そんな紙モノ好きには丸一日あっても足りないような密度の濃い~この市ですが。

次回開催は2012年3月4日(日)です!(時間はおそらく10-18時)

行ってみたい!と思った方は、ぜひ今からベルリンに来るスケジュールを立ててくださいね~^^ この日は、通常のオストバーンホフの蚤の市(駅の外のもの)も開催だと思うので見ごたえあると思います。

その時期(2012年3月)のガイド・ホームステイサービス も受付中ですのでよろしければこちらをご参照ください→☆

大都市であるベルリンの蚤の市にはヨーロッパの各地から業者やモノが集まってくるので、あちこちの国の小さな街を周るよりも、実はベルリンの蚤の市をじっくり見たほうが効率がよい面があります。移民も多いですしね。蚤の市では、東欧のものだけでなく、北欧のモノや、フランス、イギリスなどのモノもちょこちょこ見つかります。 

ヨーロッパのアンティークを蚤の市で探したい方に必要なのは、ベルリン行きのチケットと根気+体力だけです(笑)


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

テーマ:骨董
ジャンル:ライフ

Mauerpark (マウアーパーク)蚤の市への行き方

2011.11.16 02:40|マウアーパーク
ベルリンの蚤の市を巡る上では、絶対にはずせないのがMauerpark(マウアーパーク)

電車やトラムで簡単にアクセスできますが、今日は一番わかりやすいルートをご紹介。
地下鉄(U-Bahn) U2 Eberswalder Str.(エバースヴァルダーシュトラーセ)駅からの歩き方。

この駅、実は地下鉄なのに地上にあります。自然光が入る明るい駅。
P1110235.jpg P1110236.jpg
駅に降りたら、EberswalderStr.方面に向かう出口へ。(みんな同じ方向に行くのですぐわかりますが...)

P1110237.jpg P1110238.jpg
階段を下りたら、右の信号を渡ります。(このとおり、みんな同じ方向に行く信号待ちですよね↑)

P1110239.jpg P1110240.jpg
信号を渡ったら、あとはそのまま人波にそってまっすぐ。その際自転車道を歩かないよう注意!!

P1110241.jpg P1110242.jpg
道沿いにトラム(M10)が走ってます。 5分足らずでMauerpark到着。この辺はいつも中古自転車
(おそらく盗難車ですが...)を売るおじさんがいっぱい。路上で勝手にフリマしてる人も。

P1110243.jpg  P1110260.jpg
それでは、スリに気をつけながらMauerpark散策をお楽しみください~☆

ちなみに、振り返れば道の反対側は Oderberger Str.(オーダーベルガー通り)。(右の写真の左前方)
有名なカフェや雑貨ショップが立ち並ぶ、蚤の市と合わせてベルリン滞在中に一度は
通ってみてほしいエリアです。蚤の市散策に疲れたらこのエリアのカフェで一休みしてくださいね♪


読んでくださってありがとうございます☆
↓ランキング参加してます。情報がお役に立ちましたらぽちっとお願いします♪

にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へにほんブログ村 雑貨ブログ ヨーロッパ雑貨へにほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

テーマ:女ひとり旅★
ジャンル:旅行

ベルリンガイド&ホームステイ お客様からの感想をいただきました

2011.11.12 03:27|お客様からのご感想
初めてのベルリン、初めてのヨーロッパ一人旅。

ドイツ語の知識はゼロ!の状態で、私の友人でもあるTさんが、モニターとして実際に私の家にステイしながらベルリンの蚤の市を楽しんで行かれました。

Tさんからいただいた感想をここで紹介させていただきますね。

↓↓↓

<ホームステイについて>
部屋はきれいだし、ロフト式で他の部屋からも離れているので落ち着いて過ごすことができました。家が3階(日本の4階)でエレベーターがないので歩き回った後にはちょっときついけれど、電車の駅もバス停も近いし、スーパーもすぐ近くにあり、便利な立地でした。

<蚤の市ガイドについて>
松永さんが、蚤の市のどこにどんなものがあるか詳しくてびっくり!蚤の市には想像以上に何でも売っていて、日本人にしたらお宝の山でした。通訳だけでなく、私が苦手な価格交渉もやってくれてありがたかったです。

時間帯、曜日をしっかり把握しているので、無理無駄のないスケジュールでたくさん回れ、しかもどこに行っても常にトイレの場所を把握してるから安心でした。買い物だけじゃなくて、ベルリンらしいおいしいものも色々食べられて満足!

<べルリンについて>
来る前は、寒くて暗くて無機質なイメージがあったのですが、実際に来て見ると若い人が多く、ファンキーなイメージでした(笑)そして物価が安い!街中に落書きが多いのと、道端にゴミがたくさん落ちてるのは残念でしたが、これも文化の違いかな、と思いました。

ベルリンは、古いものと新しいものが絶妙なバランスで存在している面白い街。お金をかけなくても色んなことが楽しめ、想像以上に楽しい滞在となりました♪


↑↑↑ Tさん、ご感想ありがとうございました!

ちなみにTさんは、名古屋で旦那さまと一緒にとても素敵な(しかもすごくおいしい)レストランを経営されています。(HPはこちら)←食べログでもかなり高評価のお店です。オススメ!かなりのグルメで大のお酒好きの彼女は、滞在中は朝からドイツビールを堪能していました(笑)

ベルリン滞在中の朝ごはんに、ビールだろうが白いご飯だろうが、自分の好きなものを食べられるのもうちにステイするメリットです。ホテル滞在では自炊したくてもできませんので!もちろん、近所のパン屋さんで焼きたてのパンを買って朝食にすることもできますよ^^


ベルリンの蚤の市やアンティークショップで雑貨の買い付けをしたい方や、ベルリンを基点にドイツ北部や東欧諸国を回りたい方などもどうぞお気軽にお問い合わせください。旅行期間中の荷物預かりも含めて、臨機応変に対応させていただきます!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

テーマ:女ひとり旅★
ジャンル:旅行

Boxhagenerplatz(ボクスハーゲナープラッツ) 2011年11月 フォトギャラリー

2011.11.10 00:10|ボクスハーゲナープラッツ
数あるベルリンの蚤の市の中でも、地元っ子やヨーロッパ各地から遊びにくる若者の間でMauerPark(マウアーパーク)と人気を二分するのが、ここボクスハーゲナープラッツの蚤の市。(毎週日曜日 10~18時 地図はこちら→☆ちょっとわかりにくい地図ですが...

P1110928.jpg

私の中ではここはちょっとパンクなお兄さんが多いエリア、という印象なのですが。出店している人やお客さんも、他の蚤の市よりやや若い人が多めです。
P1110935.jpg P1110925.jpg 
奥に見えてるコンテナの落書き↑ これがパンクな雰囲気を醸し出してるような。ストリートミュージシャンやパフォーマーも多く、行くといつも何かしら賑やかなのも特徴。

蚤の市で掘り出し物を探すだけでなく、ベルリンならではのクリエイティブで「何でもアリ」な空気感を楽しみたいならココがオススメ。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

続きを読む >>

テーマ:骨董
ジャンル:ライフ

Fehrbelliner Platz (フェアベリナープラッツ) 2011年9月 フォトギャラリー

地下鉄の駅(U7/U3 Fehrbelliner Platz)を上がってすぐの便利な場所で開催されている、フェアベリナープラッツの蚤の市。 (毎週土日10~16時 地図はこちら→☆
*リンク先のgoogle地図内での地名のカタカナ表記が気になりますが...私はフェアベリナープラッツと発音してます*

ここは、私からするととっても「平均的な」蚤の市。大きくもなく小さくもなく。観光よりでもなくトルコ系・アラブ系のブースばかりでもなく。可もなく不可もなく(笑)

短期滞在でベルリンに来る方にはあえてオススメしませんが、時間に余裕のある人は覗いてみるといい。私の中ではそんな位置づけです。あまり混まないので、ゆったりと見てまわれます。
P1110406.jpg

ここも公園の中なので、お天気の日はとっても気持ちいいですよ。
P1110408.jpg


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

続きを読む >>

テーマ:骨董
ジャンル:ライフ