*お知らせ*

☆★2017年ホームステイの空き状況:7/23~8/3、8/19~8/22、8/30~9/3、9/24~9/30、10/10~10/19、12/18~12/21の期間が空いています。 ☆★ステイをご検討中の方は、日程が確定していなくてもまずはお早めにお問い合わせいただくことをオススメします。 ☆★空港からホテルへの、バス・電車を使った送迎兼ガイドだけでもお受けできますので、お気軽にご相談ください。 ☆★お問い合わせは、コメント欄からお願い致します。その際、必ず本文内に【メールアドレス・ご氏名・年齢・住所・職業】をご明記のうえ「非公開コメント」にチェックを入れて送信してください。

プロフィール

ベルリンガイド 松永 明子

Author:ベルリンガイド 松永 明子
ドイツ語や英語が話せなくても、一人旅が初めてでも、思いっきりベルリンの蚤の市やカフェ巡り、散策を楽しめるように「ベルリンを自分基準で満喫したい女性」のための個人ガイド&短期ホームステイサービスをしています。
カフェやショップ、オススメエリアなど、ガイドブックには載らない旬のベルリン情報を更新中!別ブログはこちら⇒「おさんぽベルリン」  こちらも私が書いてます⇒「地球の歩き方・ベルリン特派員ブログ」

ブログランキングに参加しています。
↓クリックで応援頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

counter

(追記あり)Mauerpark マウアーパーク の蚤の市は12月25日と1月1日も開催!

2011.12.22 01:42|マウアーパーク
(*記事の後半に、追記で25日のレポートがあります)

早いもので、もう今週末はクリスマスですね~!

ドイツのクリスマスといえば、日本のお正月のようなもの。みんな実家に帰省して、街は商店もお休みになって静か~になります。

今年はクリスマスが週末に重なっているので、通常は土曜か日曜に開催されている蚤の市もお休みになるところが多いと思いますが、

ベルリン最大の蚤の市Mauerpark は、HPをチェックしたところ2011年12月25日(日)と2012年1月1日(日)通常通り開催するとのこと! すごいなぁ。

もちろん夏に比べて冬の方がブースは減りますし、一般市民の人たちがわざわざクリスマスと新年にフリマに出店するとも思い難いので、プロの人がメインになるのだと思われますが...。

P1100709.jpg
↑こういう、屋根のあるスペースがオープンしているといいですね。

そのほかの蚤の市は、現時点で私がネットで調べて明確に休みだとわかっているのは6月17日通り蚤の市→ クリスマス・年末年始通して休み 次回開催は1月7日、8日オストバーンホフの蚤の市→ クリスマス・年始ともに休み 次回開催は1月8日 です。

その他小さな蚤の市など、HPが整備されていないところもあり完全には把握できませんがまた他に開催しているところがありそうなら、発見次第こちらにアップしますね。


以下は12月28日に追記:

12月25日のマウアーパーク蚤の市の様子を見てきました!はっきりいって、か~な~り~寂しい状況でした(^^;)
P1120336.jpg
しとしと雨が降る1日で、予想以上の盛り下がりぶり...。
P1120332.jpg
それでも出店している人がいること自体、驚きでしたが。
P1120333.jpg
夏の一番賑わっているときに比べると50分の1くらいの規模。
P1120338.jpg
元旦も開催のようですが、きっと同じくらいの規模ではないかと。

1月1日にマウアーパークに行く予定にしている方、がっかりしませんように心の準備を!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

テーマ:ドイツ旅行
ジャンル:旅行

Trödelmarkt am Marheinekeplatz マールハイネケプラッツの蚤の市

若いベルリーナーや、各国からの旅行者・滞在者が集まるKreuzberg クロイツベルクエリアの中でも、最もカフェやショップが密集していていつもにぎわっているBergmannstr.(ベルクマンシュトラーセ)。

その通りの突き当たりにある広場マールハイネケプラッツで、蚤の市が開催されています。(毎週土10-16時 日11-17時 冬は16時まで * 地図はこちら→☆

P1120023.jpg
これは11月のとある日の写真ですが、出店していたブースは30~40くらい?規模は大きくないですが、雰囲気のよいエリアなので出店者もお客さんも、家族連れから年配の方まで幅広いタイプの人でにぎわっています。

P1120025.jpg
アンティーク、というよりは家の不要品を出品している一般の人が半分、あとは個人でお店をやっている人が売っているレトロ・ガラクタが半分という感じ。

P1120024.jpg

ここは、周りにカフェやレストランが多いだけでなくすぐ横に私もよく行くMarkthalle(マルクトハレ=屋内市場)があって、ちょっとごはんを食べるにもトイレに行くにもとっても便利。(マルクトハレについての地球の歩き方 ベルリンガイド記事はこちら→☆)

蚤の市目的じゃなくても十分楽しいエリアですので平日に訪れてみるのもオススメですよ♪


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

テーマ:ドイツ旅行
ジャンル:旅行

ベルリンガイド お客様からの感想

2011.12.11 06:11|お客様からのご感想
お仕事で初めてベルリンに数週間滞在されたYさまが、私のガイドで蚤の市巡りやショッピングをされていきました。今回は東京都のYさまの感想をご紹介します☆


<蚤の市ガイドについて>
日本でもフリマ好きなので、ベルリンの蚤の市を覗けて楽しかった!「地球の歩き方」を初め、ドイツでの蚤の市情報が少ない中で、ガイドブックにも載っていない場所に連れて行って頂き、大変貴重な体験ができました。とても一人では辿り着けなかったと思います。

<ベルリンについて>
ドイツの首都ですので、もっと都会的なイメージを持っていたのですが緑の多さに驚きました。また、治安も凄く良かったです。ビールとチーズの美味しさ&安さにはびっくり!

<これから初めてベルリンに来る人にひとこと>
ベルリンは、東西の壁以外にも見所は沢山あります。私のオススメは水上バス観光です。博物館島を廻る船に是非乗って下さい。また、ユダヤ博物館は一見の価値有りです。過去の事実をあれだけリアルに展示してある館はそうないと思います。



お仕事の合間の短いフリータイム、楽しまれたようで何よりです!ありがとうございました。Yさまは、小さなお子様が日本でお留守番されていたので、蚤の市ではかわいらしいおもちゃや、レゴブロック型の子供用のリュックサックを見つけてお土産用に購入されていらっしゃいました☆

ご近所の方には、BIOスーパーのオリジナルエコバッグをお土産に配って大好評だったそうですよ。ドイツのお土産の定番となりつつあるエコバッグ、デザインも色々で私もオススメです^^


蚤の市だけではなく、ベルリンのカフェや雑貨屋さん巡りをしたい方、ドイツのスーパーで日用雑貨を買いたい方も、オススメのお店をご案内しますのでガイドについてはどうぞお気軽にコメント欄からご連絡ください。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

テーマ:ドイツ旅行
ジャンル:旅行

Hallentrödelmarkt Treptow トレプトウの屋内ガラクタ市

今回紹介するのは、知る人ぞ知るトレプトウの屋内ガラクタ市。

ここはいわゆる屋外の蚤の市とは違い、常設の大きな倉庫のような場所で土日だけ開催されています。(毎週土日10-18時開催 地図はこちら→☆
treptow.jpg
入り口↑はこんな感じ。こうやって見ると割と趣のある建物ですが...

普通の蚤の市は仮設だからその都度商品を出して並べて片付けて、の繰り返しであるのに対し、ここは常設の建物内でブースを借りている出店者が常にモノをそこに置きっぱなしにしているので、微妙に「生活感」がただよっているのが特徴です。

treptow2.jpg

売り手は、ドイツ人よりも中東系の人が多く、ガラクタ市というより「何でも拾ってきちゃう、整頓下手なおとっつぁんのガレージ」が延々と続いているような場所です(笑)

P1120046.jpg P1120045.jpg
本気でじっくり見ようと思うと、半日は軽くかかりそうな広さと無秩序。

でも人によっては10分くらいでぱっと一周したら、「ここは私の好みじゃない」と感じる人もいると思います。それくらい、好き嫌いが分かれる場所ではないかと。
P1120047.jpg

もちろん売り手さんによっては、キレイに整頓して見やすくディスプレーしている人も。
P1120049.jpg P1120053.jpg

電気のケーブルとか自転車の部品とか。     ↓ナベ、鍋、なべ...
P1120051.jpg P1120052.jpg

P1120054.jpg P1120055.jpg
↑このあたりになると、かなりアジアのマーケットっぽくなってきます。ここはバンコクか?

P1120056.jpg P1120057.jpg
大物家具のコーナーも。 食器はありとあらゆる種類が見つかります。

P1120059.jpg P1120058.jpg
売る気ゼロのコーナー ↑ 本はせめて、背表紙が見えるように積めばいいのに...

P1120060.jpg P1120061.jpg
↑ごくたまに雰囲気のいいブースも。少数派ですが...。 ↑一歩外に出ると、外にも売り場が。


と、こんな感じの場所なので、これを見て血が騒ぐ方にはオススメです。雨でもゆっくり見れますし、人によってはツボにはまって、掘り出し物の宝庫かもしれません。

ちなみに10-18時となっていますが、出店者もアバウトなので16時くらいで帰る人もいるようですし、あまり早すぎたり遅すぎる時間に行かないほうがよいと思います。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

テーマ:コレクション
ジャンル:趣味・実用