*お知らせ*

☆★ホームステイの空き状況:6月23日~8月6日、8月19日以降が空いています。 ☆★ステイをご検討中の方は、日程が確定していなくてもまずはお早めにお問い合わせいただくことをオススメします。 ☆★空港からホテルへの、バス・電車を使った送迎兼ガイドだけでもお受けできますので、お気軽にご相談ください。 ☆★お問い合わせは、コメント欄からお願い致します。その際、必ず本文内に【メールアドレス・ご氏名・年齢・住所・職業】をご明記のうえ「非公開コメント」にチェックを入れて送信してください。

プロフィール

ベルリンガイド 松永 明子

Author:ベルリンガイド 松永 明子
ドイツ語や英語が話せなくても、一人旅が初めてでも、思いっきりベルリンの蚤の市やカフェ巡り、散策を楽しめるように「ベルリンを自分基準で満喫したい女性」のための個人ガイド&短期ホームステイサービスをしています。
カフェやショップ、オススメエリアなど、ガイドブックには載らない旬のベルリン情報を更新中!別ブログはこちら⇒「おさんぽベルリン」  こちらも私が書いてます⇒「地球の歩き方・ベルリン特派員ブログ」

ブログランキングに参加しています。
↓クリックで応援頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

counter

博物館島横の蚤の市 Kunst- und Nostalgiemarkt an der Museumsinsel

あまり規模が大きくないし、地元っ子に人気があるとはいえない蚤の市ですが、ベルリン観光のメインスポットのひとつ、博物館島のすぐ横で開催されているので行きやすい&見つけやすいのがここの蚤の市。

(毎週土日と祝日 11-17時くらい  地図はこちら→☆

P1120730.jpg

特に、商店が閉まってしまう日曜日に集中して博物館巡りをしたい人にはついでに覗くのにちょうどいいです。土日だけでなく、祝日も開催しているのもポイント高し。

出品されているものは、わりと「アンティーク」に近いものが多く、6月17日通りの蚤の市をぐっと小さくしたような感じですのであちこち蚤の市を廻る時間がない人が、さらっと雰囲気を楽しむには十分。

逆にいうと、本気で蚤の市を巡って雑貨の買い付けをしたいような人には出店者数が少なすぎて物足りないと思うので、後回しにしたほうがいい場所です。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

テーマ:ドイツ旅行
ジャンル:旅行

一点モノのバッグ&アクセサリーの店 les jolies choses

2012.03.14 01:45|ベルリンのショップ
今回はこのブログ初、蚤の市以外のショップをご紹介しますね。

個人ガイドを申し込まれたお客様が「ここに行ってみたい!」ということで私も初めて行くお店だったのですが、とってもラブリーなオーナーさんと話が盛り上がり、ブログで紹介するね!と約束したので(笑)。

これが↓そのラブリーなフランス人オーナー、Claireさん。
P1120707.jpg

ハッケシャーマルクトの近く、ミッテのオシャレエリアにある「les jolies choses」というお店。(フランス語...発音できません!)
HPはこちら→☆) (住所・地図はこちら☆

Claierさんが一点ずつ手作りするバッグやアクセサリーが並びます。
P1120708.jpg

このカバンたち、すべて表地だけでなく裏地も柄が違います。Claierさんがパリで買い付けてきた生地やボタンを使って仕上げるこの店の商品は、明らかに「パリっぽい!」

店全体が、ドイツ人・ベルリンっ子よりも日本女子の好みにぴったりだなぁ~。という印象です。簡単に言うと、店全体が「かわいい!!」のですよ。
P1120709.jpg

ベルリンは、一般的に「かわいい」というよりは「かっこいい」感じが好まれるので、ガーリーとかラブリーとかいう形容詞がつく店はかなり少数派。そういう意味で、この店はベルリンでは希少価値です!「かわいい」雑貨好きな方は、ぜひ一度覗いてみてください☆

---------------

個人ガイドをお申し込みのお客様には、「行ってみたいお店や美術館」「歩いてみたいエリア」など希望を詳しくお聞きして、日程に沿って効率のよいまわり方・オススメのルートをご提案いたします。

とはいえ、ベルリンにどんなお店・どんなエリアがあるのかわからない....。そんな方は、普段日本でどんな店に行くか、どんなエリアでショッピングするか、好きな雑誌は?休日の過ごし方は?などなど、ライフスタイルをお聞きした上で最適なエリアをご案内いたします。

個人ガイドについてのお問い合わせは、コメント欄からお気軽にどうぞ!


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

RAW_flohmarkt これぞ今のベルリン!な空気が漂う新しい蚤の市

ワルシャワ通り駅の北側に、1800年代に建てられて列車工場として使われていた建物が並ぶエリアがあります。そこが、2年前(確か)スタートした、ベルリンで一番(おそらく)新しく、かつすでに地元では大人気の蚤の市
RAW_Flohmarkt の開催場所です。

(毎週日曜日 9-17時 地図はこちら⇒☆

これは去年(2011年)の夏の写真↓
P1110535.jpg

とにかくココは、雰囲気が「ザ・ベルリン!」という感じです。落書き(グラフィティとも言いますが...)だらけの壁の前にずらりとブースが並び、みんなのんびりとビール片手に品定め。その横を放し飼いの犬が走り抜けていったり。

P1110534.jpg

いわゆる家庭の不要品を売るブースがほとんどなので、アンティーク雑貨を探したい人には向きません。 ここにはおじいちゃん、おばあちゃんは来ません。オシャレなドイツの女の子から古着やアクセサリーを安く買いたいような人にオススメ。 

P1110536.jpg
ライブもやってます。ここで演奏したい人を募集中のようなので、興味のある方は応募してみてはいかがでしょう。

固定店舗のカフェもいくつかありますし、夏のシーズン中は軽食を販売する出店ブースもたくさん。1日まったりできそうです。
P1110537.jpg

ただ、通年開催とはいえ寒い季節は全く賑わっていないようですので注意!↓これは2月の写真。夏にはぎっしり並んでいたブースが全くありません。
P1120580.jpg
入り口周辺に、寂しそうに↓出店しているブースが10件ほど...。
P1120578.jpg
また5月くらいには盛り上がるのかな?と思いますが...。

いずれにしてもワルシャワ通り駅から徒歩3分ほどで、Boxhagnerplatzの蚤の市へ行く通り道にもなりますので、日曜日に近くに行く予定の方はぜひ覗いてみてください☆

*2012年5月23日追記*
主催者HPによると、6月中旬くらいまで蚤の市を休止するようです。
また再開が確認できたらこちらでお知らせします。

*2012年9月17日追記*
2012年8月下旬は営業していました。HPではまだ休止中になっていますが、詳しくはこちらの記事を⇒☆


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

テーマ:ドイツ生活
ジャンル:海外情報

ベルリンパーソナルガイド(ベルリン個人ガイド)について

2012.03.01 02:46|ベルリン個人ガイド
ベルリンを訪れる人の目的は、歴史であったり、音楽であったり、アート、カフェ文化、、食文化、ビール&ワイン文化... 人それぞれ。

この街は、ロンドンや東京と同じように多彩な魅力に溢れた大都市なので、老若男女どんな人が訪れても、必ず「ベルリンのここが好き!」が見つかります。

そして、それ故に、「ベルリンへ来たら、これさえ抑えておけばOK!」的な、一般的な「ザ・観光スポット」だけ見ても、全く面白くない街でもあるとも思っています。

私の「ベルリンパーソナルガイド」は、そんなベルリンで 「これがしたい!」「こんな旅にしたい!」をサポートするための、ちょっとわがままなオリジナルガイドでありたいと願っています。


先にお断りしておきますが、私はドイツ語の専門家でもなければドイツの歴史の研究家でもないので、いわゆる「歴史的に有名な観光スポット」をプランに組み込んで現地にご案内することはできますが、ガイドブックに載っている以上の知識はないですし、詳しい説明はできません。

その他、専門的な知識が必要となるようなガイド・通訳はできませんのでご了承ください。(博物館や美術館の館内へ同行しての通訳・翻訳など)


逆にいえば、あまりガイドブックには載らないようなベルリンの日常の姿が見たい方、生活者目線でベルリンを楽しみたい方には私のガイドが役に立つと思います。例えば、ベルリンで...

*朝市やカフェ巡りがしたい!
*雑誌で見た、〇〇という雑貨屋さんに行ってみたい!
*地元の人が集まるビアガーデンでビールが飲みたい!

など、ある程度明確な希望がある方でしたら、ガイドお申し込み後にご希望に沿ったオススメルート・効率的なプランのご提案をしています


また、行ったことのない街、土地勘のない場所の旅行プランを立てるのは楽しい反面とても難しくて時間のかかる作業です。そこで、

*移動時間はどれくらいみておけばいいのか?
*行く予定にしている場所はその日に営業しているのか?
*行くべき場所の優先順位は?? etc...

ガイドを申し込まれた方には、こういった滞在中の疑問点・不安点についても解消できるように私の方で下調べした上で、プランのご提案をしています。


せっかくのベルリン個人旅行、限られた時間内でも思いっきり楽しみたい!という、欲張りな方のお役に立ちたいと思っています。


《ベルリンパーソナルガイドの料金》
4時間 100ユーロ
6時間 150ユーロ
9時間(1日)200ユーロ 

(1名様の料金。2名様以上は1名様につき20ユーロ追加)


注意事項・条件等

*グループのお客様にもガイド対応いたしますが、メールでのやりとりをするのは代表の方一名様のみとさせていただきます。また、参加者一名追加につき20ユーロの料金を追加させていただきます。

*代金は、当日お会いしたときにユーロの現金でお支払いください。

*時間を延長した場合や、遠方へのガイド等詳細は別途お問い合わせください。


お申し込み・お問い合わせ

このブログの「コメント欄」からご連絡ください。 その際、ベルリンへいらっしゃる目的なども書いていただけると、こちらから返信する際によりポイントを絞って的確にお答えできますのでぜひご協力くださいね。

1、記事の下に表示されている「コメント」のところをクリック

2、コメント入力画面になるので、「名前」「メールアドレス」部分を明記の上、本文内にお問い合わせ内容と、・ご氏名 ・年齢 ・住所 ・職業、そして再度 本文内にもメールアドレスを記載 してください←これを忘れる方がとても多いのでご注意ください!

3、「非公開コメント □管理者にだけ表示を許可するにチェックを入れてください。

4、「送信」を押すと画面が切り替わるので、「認証用キーワード」を入れて「送信」してください。

以上です。 折り返し、メールにて連絡させていただきます。

*重要*
いただいたお問い合わせには、基本的に48時間以内に返信しております。 もしもこちらから返信がない場合には、何らかのメール送受信上の問題がある可能性がありますので、まずは迷惑メールフォルダに入っていないかをお確かめの上、お手数ですが再度お問い合わせください。 その際、念のためメールアドレスを2つ以上記入していただくとより安心です。 yahooメールやhotmailの方は特にご注意ください。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!

テーマ:ドイツ旅行
ジャンル:旅行