FC2ブログ

現地在住者っぽくエコバッグやトートバッグを持ちつつ、スリに遭わない裏ワザ

前回の記事(→☆)で、「とにかくスリに気を付けて!」というのを書いたので、今回は私が実際にスリ対策としてやっている裏ワザをご紹介。

ベルリーナー(ベルリン在住者)はラフでカジュアルな格好の人が多く、カバンもくたっとしたエコバッグひとつでふらりと街を歩くのが好き。そして、エコバッグを持っている人はやはり、人種に関わらず「こっちに住んでいる人なんだなぁ」という雰囲気が出ます。

スリに遭わないようにするためには、「ザ・旅行者です!!」という雰囲気を出さないこともポイントなので、旅行者っぽいナイロンのショルダーバックや斜め掛けバッグはやめて、あえてエコバッグで街歩きする!というのは意外とおすすめなんですよ。

でも。エコバッグはなんでも放り込めてものがたくさん入る反面、ごちゃごちゃして財布などが取り出しにくいし、やっぱりファスナーのついていないカバンでは心もとない。

そこで、この裏ワザ! (というほどのものではないですが(^_^;))

用意するのは、文具売り場などで手に入るメッシュケースと、安全ピン!
DSC_2707.jpg
↑私が溺愛してる、無印良品の「ナイロンメッシュハードケース」は、今は取り扱いがないようで悲しい~

要するに、エコバッグの内側にこのメッシュバッグを安全ピンで固定して、即席のファスナー付きポケットにしちゃうってことです。
DSC_2706.jpg
↑エコバッグを裏返して、そこにメッシュバッグを留めたところ

で、財布や携帯電話などの貴重品は、このケース内に入れて必ずファスナーを閉めるようにすれば、そう簡単にはスリの被害には逢いません。
DSC_2708.jpg
スリ対策だけでなく、モノが定位置に収まるので探す手間なくすぐに取り出せます!

カバンごとひったくっていったり、カバンを刃物で切ったりという強引な手口はベルリンではまだ聞きませんから、カバンの中に手を入れて、すぐに取れるところに貴重品がなければ被害は防げます。

もちろん、肩にバッグをかけたらちゃんと脇をしめて、バッグに簡単に手を入れられないように意識して持つことも大切ですけどね。

DSC_2709.jpg

余談ですが、私はガイドブックや地図、メモ帳など街歩きに持っていくものも、別のメッシュケースに入れて「バッグ・イン・バッグ」として使っています。必要なものがバラバラにならず薄く収まるし、中が見えるのですごく使いやすいですよ。

スリ対策としてだけでなく、ポケットのないトートバッグなどが使いやすくなりますので、試してみてください☆


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Leave a comment