FC2ブログ

春のベルリンの気温と、服装について

 4月も後半になり、今年はすでにチューリップも咲き乱れて春らしくなったベルリン。とはいえ春のお天気は例年変わりやすく、20度を超えてポカポカ陽気になる日もあれば、朝晩は霜が降りるほど冷え込んで、まだまだコートが必要だと感じる日もあります。

 というわけで。ベルリンに旅行に来る方は、真冬以外は文字通り「暑くても寒くても対応できる服装」を用意しておく必要があります!暑ければTシャツ1枚にもなれて、肌寒ければ薄手のダウンジャケットやフリースの上着を重ねられるように。

 春のベルリンの服装(日中の気温15℃前後)の基本は、「インナー + カーディガンやパーカーなどの羽織もの + お尻が隠れる丈の風を通さないジャケット + ストールやスカーフ」 って感じですが、実際には朝晩は気温5℃くらいしかなかったり、風が強くて体感温度がもっと寒かったりする日も多いので、真夏以外は念のため薄手のダウンジャケットやベストを常に持ち歩いたほうが安心です。

 よくあるのが、ホテルの室温が快適すぎるので屋外の寒さに気づかず、ホテルを出てから「寒い!」と感じること。 また、旅行中は屋外にいる時間が長くなりがちなので体が冷えますし、遊覧船に乗ったりするとさらに肌寒く感じますので、「ちょっと用心深すぎるかな?」と思うくらい防寒はしっかりするのがオススメです。 暑ければ脱げばいいですが、寒いと体調を崩しますからね!

 過去のブログ記事でも、ベルリンの気候と服装について書いていますのでご一読ください。⇒『夏のベルリン、暑いの?寒いの? 何を着ればいいの??』

-------------------- 

 さて。ゴールデンウィークも近づき、ドイツに観光ベストシーズンがやってきます! GW期間のガイドはすでに予約受付終了しておりますが、その前後や6月、7月のガイドお申込みはまだまだ受付中です♪
 
DSC_3130 (1)
真っ白な、西洋スモモの花が満開です。ドイツではリンゴの木と同様に庭先に植えられていますよ♪


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Leave a comment