*お知らせ*

☆★2017年ホームステイの空き状況:7/15~8/6、8/19~8/23、8/29~9/3、9/14~10/19、11/20~12/5、12/17~12/21が空いています。 ☆★ステイをご検討中の方は、日程が確定していなくてもまずはお早めにお問い合わせいただくことをオススメします。 ☆★空港からホテルへの、バス・電車を使った送迎兼ガイドだけでもお受けできますので、お気軽にご相談ください。 ☆★お問い合わせは、コメント欄からお願い致します。その際、必ず本文内に【メールアドレス・ご氏名・年齢・住所・職業】をご明記のうえ「非公開コメント」にチェックを入れて送信してください。

プロフィール

ベルリンガイド 松永 明子

Author:ベルリンガイド 松永 明子
ドイツ語や英語が話せなくても、一人旅が初めてでも、思いっきりベルリンの蚤の市やカフェ巡り、散策を楽しめるように「ベルリンを自分基準で満喫したい女性」のための個人ガイド&短期ホームステイサービスをしています。
カフェやショップ、オススメエリアなど、ガイドブックには載らない旬のベルリン情報を更新中!別ブログはこちら⇒「おさんぽベルリン」  こちらも私が書いてます⇒「地球の歩き方・ベルリン特派員ブログ」

ブログランキングに参加しています。
↓クリックで応援頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

counter

ベルリンへいらっしゃる予定の方へ。現状と、私の考え

2016.12.20 23:53|役立ち情報やお知らせ
 昨夜(12/19)のベルリン中心部での事故(テロかどうかは現時点で不明)が日本でも報道されていますね。

 たくさんの知人やこれまでベルリンにいらしたお客様から、「大丈夫?」と心配のメールをいただきました。ありがとうございます、おかげさまで私や家族、友人たちは無事です。

 そして、近々ベルリンにいらっしゃる予定のお客様からは、「ベルリンはどんな状況ですか?」「危ないから旅行はやめたほうがいいでしょうか?」という問い合わせのメールをいただきました。

 これからいらっしゃる方にとっては、ここが一番気になる点でしょうから、在住者として私が感じていることと、私個人の考えをお伝えしますね。

 まず私自身は、「こういう事件はいつ起きてもおかしくない。」という前提で生活しているので、正直「ついに来たか。」というのがニュースを知ったときの気持ちで、驚きはありませんでした。 

 あれがテロだったのか事故だったのかは現在警察が検証中ですが、私は「テロの被害に遭うのは、交通事故に遭うようなものだ。」と考えています。

 今回起こったことも、原因はともかくとして、事実は「トラックが人込みに突っ込んで死傷者が出た。」ということであり、それはただの交通事故として、世界中いつでも起こり得ることです。

 どんなに気を付けていても、防ぎようがない場合もあるんだと。

 実際、私は昨日のお昼頃、事故が起きた同じ場所にいたんです。ガイド中のお客様と一緒に。夜に行っていたら、自分が巻き込まれていたところでした。

 そして一夜明けた今日の私の生活は、全く普段と変わりありません。買い物に出かけましたが、周囲も特に普段と変わらず。クリスマス前の食料品を買い出す人たちで賑わってます。

 日本での報道だけを見ていると、テロの危険性が過度に強調されて、「ベルリンは今とても危ない町だ!」という風に感じてしまうのも無理はないのかなと思いますが、地元の市民たちは普通に生活を続けているわけです。

 もちろん市内には動揺した空気も漂ってはいると思うのですが、だからといってベルリン全体が戦場になったわけでも、クーデターが起きたわけでも、大地震が来て建物が崩壊したわけでもありません。街のほとんどの場所は、普段通りです。

 なので「ベルリンは危ないんじゃないの?大丈夫?」と聞かれたら、私は「いつ事故に巻き込まれるかわからないという視点で見れば、日本と変わらないですよ。」と答えます。

 もちろん、人が多く集まる場所やイベントにはあまり近づかないほうがいいなど、自分でできる範囲のことは気を付けますが、あまり気にしすぎると家を一歩も出られなくなってしまいますのでほどほどに。


 というわけで。これから「ベルリンへ行こうかどうか迷っている...不安だわ...。」という方は、少なくとも私自身は上記のように考えて、普通に暮らしていますし、街は普通に活動を続けていますので。あとはご自身で、判断して決断くださいね。


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆女性の1人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!
関連記事

テーマ:ドイツ旅行
ジャンル:旅行

コメント:

Re: ベルリンテロ

コロンちゃん さま
コメントありがとうございました。
私も、その後の雰囲気は以前と全く変わらないと感じています。ほんとうに、いつどこでも事件は起きますし。常に周りに注意を払いながら、自分で考えて動けるようにしておくしかないですね。

Re: No title

Jさま
コメントありがとうございました。(お返事遅くなってしまいすみません!)
その後この事件もいったん解決になりましたが、テロが起きるリスクは全く変わっていないですね。でもそれ以上に、ベルリンは最近治安の悪化というか凶悪事件が増えていて(^^;)そちらのほうが気になります。(←だからテロに対しても私はあまり反応しないのかもしれません。)
でも、ちゃんと警察は機能していて、何かあれば全力で任務をこなして、市民生活を守ろうとしてくれていることが伝わるのが救いです。そこに感謝しながら、自分の身は自分で守るという意識でこれからも通常通りに暮らしていこうと思います^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ブリュッセル在住です。
(明子さん、先日は両親の件で、申し訳ありませんでした!)

横から申し訳ありません、どちらの意見も大変共感でき、ついコメント書いております。
大変ショッキングな事件がまた起きてしまい、心を痛めているうちの一人です。

「テロに屈さないためには、通常通りの暮らしを」
ブリュッセルでも3月以降よく聞かれる言葉です。
こんなにもショッキングな事件が起こって、
何を考えて普通に暮らせば良いのか、犯人の逮捕と警備の強化が先だろうと強く違和感を感じたことを覚えています。
そして今も、また何かが起こった時に、我が身を、子供をどう守ればいいのか、考えない日はありません。
それは在欧の全ての方が感じていることだと思います。
みなさん不安や悲しみに折り合いをつけて、なんとか通常の生活をしています。
きっと明子さんはずっと前からそんな覚悟を心の中で繰り返していらしたんだと思いました。

悲劇が起こった場所であること。
しかし、これから先はどこでも起こりうるということ。
この二つを心から認識できるのはやはり現地の人だけだと思います。
お二方のメッセージからはどちらもそれが伝わってきました。

これ以上テロを起こさせないために、私もただ漠然と平和を願うだけでなくまだできることはいろいろあるんだと再認識させられる出来事でした。

Re: タイトルなし

YOYOさま

コメントどうもありがとうございました。私のブログをいつも読んでくださっていて、ベルリンのこともご存じで、その上で今回あえて書きにくいことを書いてくださったこと、感謝致します。

この記事については、YOYOさまのように感じる方がいらして、こういったご意見をいただくだろうなということもわかった上で、書いております。

ベルリンのマイナスイメージを払拭するためではなく、(むしろ自分にマイナスイメージがつく可能性を承知で)実際に私が感じたこと、私の考えを正直に書いています。なぜなら、それは私がこういう仕事をして、こうしてオープンな場でブログを書いているからこそです。

実際にこれからベルリンへいらっしゃる方のために、少しでも役に立つ情報を書きたいと思っているからです。ここで私が哀悼の意を表したところで、それ自体は読んでいる方の役には立ちません。それよりも、「実際に住んでいる人は今どのような気持ちなのか?ベルリンのその後の雰囲気はどうなのか?」を知りたいのではないでしょうか。

私が書いたことに、違和感を持たれる方はもちろんいらっしゃると思います。人の感じ方や考え方はそれぞれですし、それは育った環境、これまでの経験によっても変わるものですよね。YOYOさんがコメントしたくださったような考え方は、やはりYOYOさん自身がニースにお住まいで、7月のテロも経験されたから感じていらっしゃることだと思います。

私の感じ方や考え方が、人よりも正しいとか優れているとは全く思いません。これからももちろん変わっていくでしょうし。

ただ、匿名ではなく個人で顔も名前も出して仕事をしているからこそ、書いておかないといけないと思ったことなので、ご理解いただければ幸いです。

Re: pray for Berlin

Sさま
ご連絡いただき、どうもありがとうございました!
Sさんがベルリン滞在中に泊まっていたホテルの近くなので、ショックも大きかったのではないでしょうか。
それでも、ベルリーナーはクリスマスと新年を迎えるべく、前向きに過ごしています。
またベルリンでお目に書かれる日を楽しみにしています! どうぞよいお年を。

Re: みきこ さま

みきこさま

安否を気遣ってくださり、そして温かいコメントどうもありがとうございました!
もう3年になるのですね。あっという間ですね!
またお目にかかれる日を楽しみにしています。
良い年をお迎えください。

テロと交通事故に遭う確率が同じだという事だけはわかりますが、そこから飛躍する話ではないと思います。実際に被害に遭われた方々やその家族を思えば 事故ではなく故意で人を殺しに来たのですよ。偶然、運が悪かった程度とお思いでしょうか。ましては、"事故の視点で言えば日本と変わらない"とは話をすり替えるにも程があります。ドイツは政治的立場もあり移民の数すら日本と同じではありません。
しかもまだ事件があってから日が浅いうちにこの発言は 思っていても軽率に伝えるべき事ではないのではないと思います。できる限りマイナスイメージを拭いたいという、ご商売がら 仕方のない事なのかもしれませんが それは逆にご自身の立場(職へのプロ意識は?)を考えておっしゃっているのでしょうか、大きな違和感を抱きました。

当方、ニースに住んでおり ベルリンも2005年よりすでに数十回訪れるほど大好きな街です。この11月にも行ったばかりで大変ショックを受けました。
この場所のクリスマスマーケットにも行ったことがありますが 今回の事を受けて
大きな道の横なのでニースのようなターゲットになるには格好の場所だったのだろうとも思いましたが 11月に行って、こちらのテロ対策と比べてセキュリティが甘いのには驚かされました。ニースはイベントもセキュリティの難しいイベント、トライアスロン、フリマのようなものは中止になってもいますし、あっても必ず 荷物検査、武装したパトロールのようなものはよく見かけられる光景になりました。
最低でも 今回、武装した軍の人がパトロールでもしていれば犯人がその場から逃げることを避けられたのでは、という思いがあります。
そしてニースも7/14以降、当たり前のように みんな普通に生活しています。でもそうする以外何ができますか? ただそれをアピールするようなことはありません。
何があったかを忘れてはいません。
実際に あの日、真横で子供が轢かれたのを見たという話を聞いて 自身が花火を見に行かなかった事、身内が被害に遭わなかったことを "ラッキーだった" なんて
亡くなった方への冒涜だと捉え、過ごしています。
ニースやパリは東京に比べて テロに関して大変危険な街だと思います。
テロに対して 残念かな、100%の安全を保証は出来ないということは確認して
友人、身内にはフランス旅行を勧めています。その際、人混みやイベント、トラックテロを連想させるような場所は連れては行けません。

聞いてください、
ココでは貴女様のお友達、ご家族しか見ていないわけではありません。
大袈裟ですが そういった意識、ご自身の立場、時期的な事を踏まえて書かれてはどうかと思い お伝えしました。
普段、ベルリンに遊びに行きたいけど行けない時、ちょっとした旅行をさせてくれる気分で楽しく覗かせてもらっています。
ですが今回の内容を受けて、 いてもたってもいられず 長文で失礼しましたが
コメントさせていただきました。
今後も素敵なベルリン情報、待っています。ありがとうございます。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント