FC2ブログ

蚤の市で役立つドイツ語基礎知識

ベルリンの蚤の市では、カタコトの英語が話せれば十分コミュニケーションはとれます。

そもそも蚤の市でのやりとりは、あれこれ商品について質問する必要がなければ「これいくら?」→<価格交渉>→「OK」→「ありがとう」 と、とてもシンプル。

ドイツ語ができないから、とか英語が苦手だから、と気後れする必要は全くないのですが、それでもドイツ語で数字だけでもわかるとぐっと便利になります。


実際に蚤の市でよくあるドイツ語での会話の流れは、こんな感じ。

客 「これいくら?」 was kostet es? (ヴァス コステット エス?)
店 「7ユーロ。」 sieben euro.(ズィーベン オイロ。)
客 「6?」 sechs? (ゼクス?) ←6ユーロにしてくれない?という意味で語尾を上げて疑問形。
店 「OK」 ok.(オーケー。)

これで交渉成立ならお金を払って、「ありがとう。」 danke.(ダンケ。)で終了です。

高いとか、もっと安くして、とかあれこれ言う必要はないのです。ただ、価格を数字で言うだけ。これで十分。

P1100630.jpg

そんなわけで。ベルリンの蚤の市で、少しでもドイツ語でコミュニケーションをとってみたい!という方はまず数字を覚えることをオススメします。

こんなリンクを参考に→(ドイツ語の数体系)1から20まで覚えるといいですが、1から10 まででも十分。蚤の市では、そうそう「100ユーロ」とか「1,000ユーロ」という価格は出てこないので...。


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Leave a comment