FC2ブログ

ベルリンの蚤の市に出店してきました+一般の出店者から安く買うコツ!

いつもは買う側としてブラブラしている蚤の市に、売る側として参戦してきました!
今回は、売る側の視点で気づいたことを書いておきますね。

蚤の市=フリーマーケット ですので、ベルリンでもレトロな雑貨ばかりではなく、
普通に家庭の不要品がずらりと並ぶ蚤の市もあります。
私たちもそうでしたが、家庭の不要品を売っている一般の人たちは

とにかくこのガラクタを今日中に処分したい~!!!

という気持ちで来ている人が多いので、「儲けよう」という気持ちよりも
「安くてもいいから、とにかく売っぱらいたい!」というノリの人が多く、
いいモノが安く手に入る確率が高いです。

出店したのは、うちから近くて雰囲気のよい
ベルクマンシュトラーセの蚤の市 Trödelmarkt Bergmannstraße

P1130655.jpg

9時の準備スタートのときから雨が降っていて、晴れていたら
歩道上にもパーッと広げられる商品が全く並べられずに大変でした。

結局お昼前くらいまで、すごい大雨となり...(--;) 商売あがったりです。
↓写真ではわからないですがどしゃ降り。誰も歩いてないのが雨の証拠(笑)
P1130645.jpg

でもこういうときこそ、買う側としては実は狙い目。
売る側は、「こんな雨じゃ、もう今日はほとんど売れないかもしれない...」と
弱気になっているので、そこを狙って「これ、もっと安くして!雨の日プライス!!」と
ちょっと強引なくらいで聞いてみれば、あっさり安くしてくれるかもしれません。

まあ午後には雨も上がり、晴れ間も出て人出が増えてきたのでよかったのですが。
P1130653.jpg

価格交渉のコツですが、そもそも「いくら?」と聞いて返ってくる金額は、
そこからいくらか値引き交渉する前提で高めに言われます。

例えば、「10ユーロ」と言われたら、だいたい8ユーロまではすぐに下がります。
でも、そこで安い!と思っても、あえて「え~、5ユーロだったら即買いなんだけどなぁ。」などと
勿体ぶってみると、意外と「じゃあ7ユーロでいいよ」とあっさり値下げしてくれたりするので
(場合によっては即答で『いいよ5ユーロで』と言われたりすることも!)
とりあえず値段を聞いたら、一度は「え~高いなぁ」という態度を表明してみましょう。

P1130652.jpg

さらに。マーケット終了時間が近づくにつれて、
一般参加者のブースはどんどん値下がりします。

家のガラクタを片付けるために出店しているので、
売れ残ったモノを持って帰りたくない一心で「全部50セント!」とか
「この箱の中のモノは無料であげます!!」とかの大判振る舞いが始まることも!

ごちゃごちゃしていて商品が見づらい一般家庭のブースですが、
思わぬ掘り出し物に出会える可能性がありますので侮れませんよ~☆


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Leave a comment