蚤の市は、ベルリンならではのお土産探しにもぴったり。

雑貨好きな日本の女性がベルリンに遊びに来て、ガイドブックに紹介されている素敵な雑貨ショップに足を運んでがっかりする最大のポイント

「これ、日本でも売ってるわ...」

というモノが多いことに気づいたとき。

そう、日本のバイヤーさんは世界中の素敵なものを集める天才。ネットショッピングも普通になったこの時代、日本に住んでいて手に入らないものなんて、ほとんどないのですよね。

でも、もちろん日本ではなかなか見つけられないモノもあります。それは作家さんが手作りする一点モノ。

ベルリンの蚤の市には、アンティークやガラクタ以外にも自分の作品を並べて販売している作家さんのブースがたくさんあります。
P1140316.jpg
↑アンティークの額に、プリントした布地を入れて。まさに1点もの!

P1140317.jpg
端切れ布にオリジナルプリントしたもの。

写真はどちらも Boxhagenerplatz(ボクスハーゲナープラッツ)から。ここの蚤の市とMauerpark には、特にこういうアーティストブースが多いです。

写真やポスター、絵画を売っている人もいればアクセサリーや洋服、プリントしたTシャツ、オリジナルバッグを並べている人など品揃えは本当に何でもあり!

「ベルリンならではの雑貨やお土産が見つけたい!」と思っている人は、雑貨屋さんやデパートに行くのもいいけど、実は蚤の市で買い物をする方が思い出に残る素敵なモノと(しかもリーズナブルに!)出会う可能性が高いのではないかと思います。


-----------------------------------------------------
*ベルリンホームステイの詳細や料金はこちら*
*ベルリン個人ガイドの詳細や料金はこちら*

Facebookページはこちら→*おさんぽベルリン*
ベルリン在住ライター・久保田由希さんと私ガイド松永が
最新情報をアップしていますので、ぜひフォローしてくださいね!

-----------------------------------------------------


読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
こちら↓をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村
関連記事

0 Comments

Leave a comment